上原浩治の紹介

その肉体に隠された
強さの秘密とは ?

上原選手は、ランニングやストレッチ、体幹強化などの基礎トレーニングにこだわりを持ち、多くの時間を費やす。故障を予防する意味合いで大ベテランとなった今でも黙々と励行し続けています。

多くの選手が「単調だ」「面倒くさい」と敬遠したり、軽視したりするような基礎トレーニングを地道に積み重ね続けることによって、息の長いプロ人生を今もまい進できています。

プロフィール上原 浩治 (うえはら こうじ )

出身 1975年4月3日生 大阪府寝屋川市出身
身長・体重 186センチ・85キロ

東海大仰星高から大体大を経て98年巨人に逆指名入団。1年目に20勝を挙げ、セ・リーグ最多勝、最優秀防御率、最多奪三振、沢村賞、新人王、ベストナイン、ゴールデングラブとタイトル総なめした。
2004年アテネ五輪、2008年北京五輪、2006年WBC代表。
家族は夫人と1男。

ストレッチ専門店 SUPERストレッチ